中古マンションを売るために

中古トラックの買取

新築戸建を建築するために、まずは今住んでいるマンションを売ることにした。

不動産の売却為にはまず、最寄りの不動産会社に、今のマンションが大体どれくらいの価値があるのかを査定してもらう。

よく「無料査定致します」「即日査定」「このマンションを購入したいお客様がいます」等のチラシが入っているのを見たことがあるでしょう。

どの不動産会社も自社で仲介させてもらいたい為に、あらゆる魅力的な言葉をチラシに折り込ませて集客をしている。

実際に私たちは大手を中心に何社かに査定をお願いして、あくまで査定金額は相場があるので大きくは変わらないと考え、担当の方の態度や知識、フットワークの良さなどを確認して決めさせて頂いた。

どこの担当者も男性の方で、私達がお願いしたのは若い方ではなく、中年くらいの方だった。
落ち着きがあり、売却に関する説明もわかりやすく納得できる提案だった。

今回売却を検討したマンションは武蔵小杉より徒歩圏内、60平米でタワーマンションだが低層階だ。購入時はすでに中古であり、4200万円で購入した。

その当時、武蔵小杉は新たな大型商業施設を建設している最中で、どんどん人気が上がっている街の一つとなっていた。

売却には絶好のチャンスと言える時期だった。

売出価格は4500万円、これは担当の方から提案された価格で、担当者はこの価格で売却する自信があると言い切った。

実際に売り出し初日から数件の内覧希望があり、のんびりと構えていた私は焦って部屋を磨き始めた。より綺麗に第一印象を大切にピカピカに掃除を済ませて、部屋中の照明を付けて内覧の方を笑顔で出迎えた。

その頃1歳の娘の子育て中の私はこの「内覧」がとてもストレスになっていた。部屋を綺麗に保つ、時間に縛られることは子育て中にはとても大変なことで、何度か価格を下げても良いので、早く売却して下さいとお願いをした。

しかし、担当の方は私に気遣いながら、売却から約1か月と言うスピードで価格も4500万円で契約に至った。

夫婦ともにこちらの担当の方にお願いして良かったと、感謝の気持ちで取り引きを終えることができた。